2012年9月から毎週金曜日官邸前デモ終了後に日比谷公園かもめの広場で行っていた全体集会(ゼネラル・アセンブリ)ですが、現在冬の寒さ対策の為下記の場所で行っております。
 2011年秋に始まったニューヨークのウォール街デモではゼネラル・アセンブリと呼ばれる全体集会が開かれ市民による活発な議論が行われているそうです。中東各地の民主化デモやスペインの15Mと呼ばれるデモでも同様の集会が行われているそうです。日本にもその様な市民の話し合いの場が必要だと考え全体集会(ゼネラル・アセンブリ)を開く事にしました。
 官邸前デモ参加者や学生の皆さんなど多くの人に参加して頂き原発問題を始めとした様々なテーマについて話し合いたいと考えております。一人でも多くのご参加をお待ちしております。よろしくお願いします。

日時:毎週金曜日官邸前デモ終了後の午後8時頃から
場所:飯野ビル地下1階 エスカレーター裏のソファーが置いてあるフリースペース
最寄り駅:霞が関駅C3,C4出口
地図:
http://www.iino.co.jp/iinobuilding/location/access.html
テーマ:原発問題を始め様々なテーマについて話し合いたいと思います。
参加費:無料
※首都圏反原発連合の主催ではございません。ご注意願います。

過去の集会の様子(USTREAM中継動画)
http://www.ustream.tv/channel/occupyhibiya

呼びかけ:オキュパイ運動連絡会有志
http://orenrakukai.tumblr.com/
Twitter:occupytokyojp
E-mail:occupytokyo@gmail.com

<ご注意>上記の集会は2013年2月22日をもちまして終了致しました。どうも有難うございました。

日本の仲間のみなさん、
日本で総会が開催されるこの機会に、IMFが、私の祖国であるギリシャにどれだけ衝撃を与えたかについて、事実や意見をお伝えしたいと思います。
これは、単に情報として、または連帯のためにお伝えするわけではありません。IMFや世界銀行のようなマフィア組織が強要する新自由主義政策に引きずり込まれた国のひとつとして紹介するまでです。

2010年5月、ユーロ圏諸国とIMFは、ギリシャへ1100億ドルの融資をすることで合意しました。緊縮財政を実行することが条件でした。ギリシャ人は、この緊縮財政に対して怒りを感じていました。それが、大規模抗議行動や暴動などの社会的動揺へとつながったのです。

一年後にギリシャは、より多くの負債を抱えることになります。失業率は、絶望的に高くなりました。2011年には、失業者は81万人にのぼり、2012年には116万人8761人になりました。今年9月には、失業率が24.5%となり、ヨーロッパでは、スペインの次に最悪の事態に陥ってしまったのです。18歳から25歳の若者では、失業率は53.9%となり、女性にいたっては62.1%とより深刻です。これには、パート労働者や数時間しか働けない人たちは含まれていません。ギリシャでは、毎日1千人が失業しているといわれています。実態は、より深刻です。なかには、日々3千人が失業しているというアナリストもいます。この失業率は、第二次大戦中のナチスドイツの占領下にあったときよりも高いのです。この失業率と、低所得者層を狙った賃金削減や年金カットなどの緊縮財政のせいで、負債は次第に膨張するばかりです。

日本の仲間のみなさん、
IMFはテレビの中の出来事ではありません。資本主義者たちには、非常にうまく機能する組織として知られてきました。しかし、私たち一般市民や労働者や農民、移民や学生、そして週40時間で働き、400ユーロの月給をもらっているような普通の労働者や失業した若者、病気の人や障害者、そして年金生活者にとっては、IMFは災害でしかありません。

日本の仲間のみなさん、
IMFが日本で総会を開催することに対しての解決法は、会議やソーシャルメディアや私が送ったこのようなメッセージだけではありません。
それへの解決法は、私たちが街頭に出て声をあげることです。すべての抑圧者に対して、ともに闘うこと。社会的革命と自由のために、街頭で声をあげ、ともに闘いましょう。

在日ギリシャ人アナーキスト

Dear friends in Japan,

With the arrival of the IMF in Japan, I would like to take this opportunity and communicate to you some facts and some thoughts regarding the impact of the IMF in my country, Greece, not only for informative or solidarity reasons, but also as a very recent example of a country drugged into the neoliberal policies of mafia organizations like the IMF and the WB.
The facts:
May 2010. The Eurozone countries and the IMF agreed on a 110billion bailout loan for Greece, conditional on the implementation of harsh austerity measures. The austerity package was met with great anger by the Greek people, leading to massive protests, riots and social unrest throughout Greece. 
The following year found Greece with a bigger debt, and unemployment rate reaching tragic levels. In 2011, 810,821 people were unemployed in Greece. In 2012, that number rose to 1,168,761 for the same period of time. In September 2012, the unemployment rate reached 24.5%, the second-worst in Europe, after Spain. Young people between the ages of 18-25 are experiencing 53.9% unemployment. For women, it’s even worse, at 62.1%. People who work part-time or maybe just a few hours a day are NOT counted as unemployed. It has been reported that every single day in Greece, 1,000 people lose their jobs. The situation, in fact, is even more dramatic. Analysts say that figure is closer to 3,000. Officially, unemployment is worse than it was during the Nazi occupation during WWll. With this unemployment rate and harsh austerity measures, like workers’ wages and pensions cut, mainly targeting the lower classes, the debt keeps increasing.
“Debt that a country is incapable of paying represents an opportunity for the economic elite, through the IMF, to bring that country to its’ knees, annihilate it, and conquer it. After bleeding it dry, they lead it to bankruptcy. Then come the vultures of the capital who for bread-crumps buy up everything valuable in order to later exploit it until that country becomes a paradise for capitalistic exploitation, where inhuman working conditions finally prevail. This is the IMF plan for Greece: a plan that quickly leads to the hypper- accumulation of economic and social power in even fewer hands, and drives people into misery.“* (Exerpt from Political Letter to Society by the Revolutionary Struggle)
And naturally, as long as the economic depression deepens, repression is getting tougher. During the talks in the first summit in Lisbon (19th November 2010), the Greek Prime Minister Papandreou confirmed in a statement that the role of NATO is among others, to address “ extreme political positions and movements around the world”. Moreover, the military arm of the EU, called the Common European Security and Defence, as the Council of Europe, recently ratified a resolution on “combating extremism, aiming to direct targeting social movements and civil liberties.” The last two years, huge demonstrations take place in almost every city in Greece. And in the name of “protection of the public order” thousands of riot policemen are put on the streets. There have been many witnesses of severe and brutal police attacks, including beating up, massive use of toxic tear-gas, running over the crowds with motorcycles and of course arrests, and more beating up inside the Police Headquarters. 

The thoughts:
Dear friends in Japan,
We have seen that every country from which the IMF has passed, is driven to economic and production destruction. In many cases, these “beneficial intervention “ resulted in famine, decease, civil war, social catastrophe and un-repairable damage to the environment.
Dear friends in Japan,
The IMF is not an image on your TV screen. It might have worked well for the capitalist hierarchy, but for the man in the street, for the worker, for the peasant, for the immigrant, for the student, for the ordinary man who works 40hours a week and being paid 400 euros per month, for the unemployed youth, for the sick, the disabled, the pensioners..it was a disaster.
Dear Friends in Japan,
When the IMF comes to Japan, the solution will not be in the meetings, social media, in texts like this I am sending you now,
When the IMF comes to Japan, the solution will be found on the streets. And there shall I meet you all, to fight together against all oppressors: for the Social revolution, for Freedom.


Greek anarchist, currently living in Japan.


Video streaming by Ustream

2012年10月14日のオキュパイIMF/世銀のメディアステーション最終日のUSTREAM中継動画です。
ゲストスピーカーは反貧困キャラバンの中西さんと動く→動かす,アフリカ日本協議会の稲場雅紀さんです。
下記ホームページでオキュパイIMF/世銀のUSTREAM中継動画の一覧をご覧になれます。

オキュパイIMF/世銀メディアステーション
http://www.ustream.tv/channel/occupyimfwb

2012年10月13日の世界同時行動「グローバル・ノイズ」(GlobalNoise)とも連帯したデモの映像です。
名称:10・13IMF・世界銀行東京総会に反対するデモ
呼びかけ:「持たざる者」の国際連帯行動
主催:10・13IMF・世界銀行東京総会に反対するデモ実行委員会

We did Global Noise demo against IMF/WB in Tokyo on October 13th in 2012.
Communique for GlobalNoise against International Monetary Fund and the World Bank in Tokyo
http://orenrakukai.tumblr.com/post/33282060426/communique-for-globalnoise-against-international


Video streaming by Ustream

2012年10月13日のオキュパイIMF/世銀のメディアステーションでのUSTREAM中継動画です。
下記ホームページでUSTREAM中継の動画一覧をご覧になれます。

オキュパイIMF/世銀メディアステーション
http://www.ustream.tv/channel/occupyimfwb


Video streaming by Ustream

本日のオキュパイIMF/世銀のUSTREAM動画です。明日も午後1時から行う予定です。明日は世界同時行動「グローバル・ノイズ」とも連帯したデモ等も予定されています。詳細は下記のホームページなどをご覧下さい。

いよいよ本日からオキュパイIMF/世銀が始まります。

下記アドレスでUSTREAM中継を予定しております。
よろしくお願い致します。

オキュパイIMF/世銀メディアステーション
http://www.ustream.tv/channel/occupyimfwb

詳細は下記ホームページなどをご参照下さい。
グローバル・ノイズ(GlobalNoise)
http://globalnoisetokyo.blogspot.jp/
http://www.facebook.com/pages/GlobalNOISE-Tokyo/279275428856121

10/13・IMF・世界銀行年次総会対抗アクション
Twitter: @no_imf_tokyo

オキュパイ運動連絡会(OccupyTokyo)
http://orenrakukai.tumblr.com/
Twitter:@OccupyTokyoJp

<マスコミ関係者お問い合わせ先>
E-mail:occupytokyo@gmail.com
Twitter:occupytokyojp

Occupy IMF/WB Tokyo
10/7/2012

This coming October 12th to 14th, Tokyo is going to host the annual meetings of International Monetary Fund and the World Bank as well as the conferences of Finance Ministers and presidents of central banks from G7/G20 countries. More than ten thousand bureaucrats and officials will gather in several locations including Tokyo International Forum in Marunouchi district. Originally the location of the 2012 meeting was assigned to Cairo, Egypt, but the administration change by the democratizing impetus of the people ousted the plan. Thereafter, Japan’s Ministry of Finance intervened to push the idea of hosting the meeting, with the intention to appeal to the world the nation’s recovery after the 2011 Great East Japan Earthquake. Japan’s proposal was accepted. The reality however is that the recovery from the disaster, let alone the ongoing nuclear catastrophe, has made little progress.

The IMF has been demanding European countries the austerity policy, including cut-down of welfare, health care and education budgets in exchange for its financial aid. It is also said that the increase of consumption tax in Japan is in the work, as recommended by the IMF and followed by Ministry of Finance. Having imposed deficit of the burst bubble to the people by way of collecting public funds, Japan’s mega banks are now offering an enormous financing to the Tokyo Electric Power Company (TEPCO) with a prerequisite to restart nuclear power plants and increase electric prices. Like the bills for the burst bubble, all these bills are to be sent to the people in the form of tax increase. The recommendation of the IMF includes all these schemes. At the same time, the response of IMF to the present European financial crisis is nothing short of imposing deficit derivative of money games by the mega enterprises and banks (the 1%) upon us the 99% by way of the increase of consumption tax and the welfare cut-down.  

The global action ? GlobalNoise — is called for on October 13th. In Japan we will join with a series of actions protesting against the IMF/WB meetings along with our continuous campaigns concerning varied issues we are facing ? including the nuclear industry. Our wish is to establish a solidarity with the peoples of the world, toward realization of a society for us the 99% on the planet.

To follow our actions, please visit:

GLOBALNOISE TOKYO
http://globalnoisetokyo.blogspot.jp/

10/13 Action against the IMF/WB
Twitter:@no_imf_tokyo

Occupy Tokyo
http://orenrakukai.tumblr.com/    
Twitter:@OccupyTokyoJp

-International Monetary Fund and the World Bank-
The IMF, one of the United Nations specialized agencies, is consistently recommending an introduction of austerity policy and neoliberal economy to the world in exchange for its financial aids to the countries confronting financial crisis. The World Bank is proposing deregulation, free trade and privatization in exchange for its economic support to the developing countries.

Both of them are known for their undemocratic and opaque managements: their opaque personnel matters (always a European director of the IMF and an American president of the WB) and for the rights of a voice in accordance with the amount of donation (the US first and Japan as the second donor).

 10月12日~14日、日本の東京・有楽町の東京国際フォーラムその他の会場にて、国際通貨基金(以下IMF)・世界銀行年次総会、およびG7・G20等の財務相・中央銀行総裁会議が予定されており、世界各国の財務相・中央銀行総裁など1万人が東京に集結する予定となっています。この総会は、エジプトでの開催が予定されていましたが、「中東・北アフリカ革命」でムバーラク政権が崩壊したことで開催不能となり、「日本の復興を世界にアピールしたい」とした財務省の主導で日本への誘致が決まりました。しかし、東日本大震災の被災地の復興はいまだならず、さらに福島原発事故で10万人におよぶ人々が避難を余儀なくされているのが現状です。復興を見世物にしようとする財務省の魂胆に心が寒くなります。
 欧州では、2008年のリーマン・ショック以来多くの国々が経済危機に陥る中、これらの国々に対して、大量解雇、社会保障や教育などの大幅削減などを含む緊縮財政が強制され、多くの人々が苦境に陥っています。こうした緊縮財政を主導しているのがIMFをはじめとする国際金融機関です。人々のいのちより銀行の救済を優先し、99%ではなく1%を救うための政策に固執する、これがIMFの実態です。IMFは、財務省との強い連携関係を軸に、日本に対しても、新自由主義的な政策を強く提言しています。IMFは日本に対して公然と消費税の増税、TPPなど自由貿易協定の推進、医療・福祉分野を含む規制緩和などを提言し、「99%を犠牲にして1%を救う」新自由主義政策の強制を意図しています。また、消費税の増税は、回りまわって、福島原発事故で甚大な被害をもたらした東京電力やそこに巨額の融資をしているメガバンクの救済に使われることになりかねません。巨大企業や銀行のマネーゲームのつけを、「99%」である私たちに押し付けることは許されません。
 昨年に引き続き、今年は10月13日(土)に世界同時アクションとして「グローバル・ノイズ」が全世界で呼び掛けられております。日本でもIMF/世銀年次総会に対する一連の抗議行動と共に、原発問題を始め、現在日本が直面している様々な問題に関して、「1%を救う」ことを優先する政府や国際金融機関の政策などに対して、大きな異議を唱えたいと思います。「1%」ではなく、99%を占める私たちが主人公となる社会の実現に向けて、世界中の多くの人々とつながり、連帯していきましょう。アクションのスケジュールや具体的な内容は下記ホームページなどでお知らせします。

グローバル・ノイズ(GlobalNoise)   http://globalnoisetokyo.blogspot.jp/

10/13・IMF・世界銀行年次総会対抗アクション  Twitter: @no_imf_tokyo

オキュパイ運動連絡会(OccupyTokyo) http://orenrakukai.tumblr.com/ Twitter:@OccupyTokyoJp

<国際通貨基金(IMF)、世界銀行について>
 IMFと世界銀行は、1944年に米国でそれぞれ金融と為替相場の安定化および第2次大戦からの復興のために設立された国際機関で、いずれも米国ワシントンDCに本部があります。IMFは、加盟国が財政危機に瀕した際に融資を行ったり、加盟国の財政政策を監視・提言する役割を負っていますが、加盟国に緊縮財政を強制したり、新自由主義政策の導入を勧告し、人々の生活に犠牲を強いてきました。貸し付けを中心に途上国の開発を行う機関である世界銀行も、途上国に市場開放や新自由主義政策を押し付けてきました。IMF・世銀は、各国からの出資額によって表決権が決まるシステムで、先進国が強い発言権を持っています。発足以来、IMFは欧州人が専務理事、世銀は米国人が総裁を務めており、運営が非民主的であることも問題です。日本はIMF・世銀の世界第2の拠出国であり、その責任が問われています。

<グローバル・ノイズ注意点>
 10/13(土)デモの主催者は下記の通りです。
名称:10・13IMF・世界銀行東京総会に反対するデモ
呼びかけ:「持たざる者」の国際連帯行動
主催:10・13IMF・世界銀行東京総会に反対するデモ実行委員会
 世界同時行動グローバル・ノイズ(GlobalNoise)としては上記デモに合流するかたちになります。デモの主催はあくまで10・13IMF・世界銀行東京総会に反対するデモ実行委員会となります。当日は上記実行委員会の指示に従って下さい。(デモ時の隊列や、諸注意など)万一守って頂けない場合は参加をご遠慮して頂く場合がございます。予めご了承願います。

2012年10月8日
オキュパイIMF/世界銀行!